電験三種基礎 チャレンジ問題

下の回路にf=1/√(2πL2C)の周波数の電圧をかけた時に
流れる電流を求める問題、実はこれ私が思いついた物で
最後面白い結果になったので記事にしてみました。
少し長い式ですがけして高度な数学はないので根気だけ
でぜひ貴方も計算に挑戦されてみてください。模範解答
がないので1時間位何回も計算してしまいました。私も
そんな程度です。まずは周波数を変形してωの条件に
する、全体インピーダンスを計算したら電圧を割れば
主電流Iです。ωの条件を適用すると0Aでした。この
回路は2個のコイルと1個のコンデンサーなので通常の
並列共振回路とは異なった状態ですがL2とCの共振周
波数で並列共振と同じ状態になりました。
チャレンジ問題1

次はコイルL2に流れる電流、結果コイルL1の影響は
このケースでは消えるのかと知りました。コイルは
遅れ電流ですし問題はありません。
チャレンジ問題2

コンデンサーに流れるIC、あれ?Cの要素がないです。
電流分流の式の立て方を間違えたのか何回も再計算し
てみたのですがやはりこうなりました。でもそうでな
いと主電流が0Aになる理由が成立しません。
チャレンジ問題3

この回路のコンデンサーに流れる電流はV÷1/ωCなので
通常は暗算でωCVとわかりますがあえてインピーダンス
から電流を求めて分流式で求めました。一致したので考
え方に間違いはないです。
チャレンジ問題4


⇒電験三種基礎最新記事へ

0 件のコメント:

コメントを投稿